@基礎下の掘削

1.鋼管の圧入と溶接作業を行うための横坑(深さ1m程 度)を掘削する。(ベタ基礎や土間防湿コンがある場合は、トンネル堀りとなる 鋼管圧入作業、鋼管溶接作業ともにこの横坑内で行われる。
掘削によって排出される土砂や、湧出する水の処理、横坑の崩落を防ぐための山留め処理も検討する必要がある。横坑は、スペースの都合上人力で掘る場合が多い)

 

A鋼管の溶接と圧入

基礎下の所定の位置に鋼管(長さ70p)を鉛直にセットし、油圧ジャッキで鋼管を地盤に圧入する。
支持層に届くまで鋼管を追加をする。
継ぎ足しながら溶接し圧入を繰り返す。
支持層まで圧入したら、鋼管の頭部をサポートジャッキ(アジャスト治具)で仮受けする。

 

Bジャッキアップによるレベルの調整

1.油圧ジャッキを用いてジャッキアップを行う。

2.室内でレベルを確認し建物が水平になるまで少しずつジャッキアップをしていく。

3.建物が水平になったら、治具を固定し基礎を受ける。


C埋戻し

型枠を設置し、掘削した土砂を施工前の状態まで埋め戻す。その後、ジャッキアップによって持ち上がった基礎と地盤の隙間や鋼管の頭に、流動性がある発泡モルタルや流動化処理土を充填する。

鋼管圧入工法の特徴

・コストはほかの工法よりも高め
・再沈下の可能性は低い
・作業スペースが少なくても対応可能
・支持層まで圧入することが重要
・支持層まで圧入した建物は、液状化による被害がほとんど無いことが確認されている