鋼管圧入工法動画

 

 

沈下修正工事の工法

鋼管圧入工法

計画された支持層まで基礎の下に鋼管杭を打ち込み、杭頭にジャッキを設置し、基礎より上げる工法である。
支持層まで鋼管を打ち込むため、強度が増し安定度が高い。
3つの工法の中で一番信頼性の高い工法。

耐圧版工法

基礎の下を掘削し、耐圧板を設置し、そこにジャッキを設置し基礎より上げる工法である。
基本的には不動沈下が終わった状態で用いられる工法。 
アンダーピン工法に比べて工期が早く、価格も安い。

土台上げ工法

住宅の状況に合わせてジャッキ設置ポイントを定め、基礎の上部を最小限削り取り(ハツリ作業)できた土台と基礎の間に「上爪ジャッキ」を設置して土台から上を上げる工法である。
掘削作業がないため、他の工法と比べ、施工期間が短いのが特徴です。
また価格も安価で行えます。

薬液注入工法、ウレタン併用工法

基礎から薬液(ウレタン)の注入圧により上げる方法。地盤の状態により、注入量が変わる。

ベタ基礎のみ