@基礎下の掘削

耐圧版の設置を行うための横坑(高さ1m程度)を掘削する。
(ベタ基礎や土間防湿コンがある場合は、トンネル堀りとなる。掘削によって排出される土砂や、湧出する水の処理、横坑の崩落を防ぐための山留め処理も検討する必要がある。横坑はスペースの都合上人力で掘る場合が多い。 )

 

A耐圧版の設置とレベル調整

1.耐圧版設置位置の地盤を突き固めたり、セメントや砕石などで固めるなどして地業を行う。

2.耐圧版を設置し、サポートジャッキ(アジャスト治具)で仮受けする。

1.油圧ジャッキでジャッキアップを行う。

2.室内でレベルを確認し建物が水平になるまで少しずつジャッキアップをしていく。

3.建物が水平になったら、治具を溶接固定し、基礎を受ける。


B埋戻し

型枠を設置し、掘削した土砂を施工前の状態まで埋め戻す。その後、ジャッキアップによって持ち上がった基礎と地盤の隙間や鋼管の頭に、流動性がある発泡モルタルや流動化処理土を充填する。

耐圧版工法の特徴

・鋼管を使用しないためコストは安い
・作業スペースが少なくても対応可能
・深層部に軟弱地盤があると再沈下の可能性がある
・空隙を充填しなければ基礎に負担がかかる